油絵のある暮らし Entry 486

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/-- スポンサー広告  

9/17

◆CHAIKA
12/9/16 名古屋 シアターカフェ
19:00/20:30 \1000(1d付)
※名古屋の佐藤さんにお誘い頂いた上映会です。宙空一派は「ノイズマンガ 「受験勉強」」と「対話のフィルム」で参加しています。

上映作品

「響け 怒り太鼓」神大輔監督/30分/2007年
五年前に初めて製作した自主制作映画です。今見ると恥ずかしいですが、愛着のある作品です。撮影中、何がやりたいのか分からないとみんなに言われたのを思い出します。私自身は撮影中楽しすぎておかしくなりそうでした。

「いを」幸洋子監督/2分/2009年
実写とドローイングを用いた短いアニメーションです。

「62日目」岩田隼之介監督/7分31秒/2009年
団地の屋上には数十年分の野球ボール、ゴムボール、テニスボールが大量に転がっていてその事実を知ってしまった責任感が生んだ作品です。

「映画館の跡地にて」岩田隼之介監督/15分19秒/2012年
映画館があった頃となくなった後の話です、更地になってしまって悲しいです。

「playing HOME」佐野好美監督/2分/2010年
ずらりと並んでいるトイレ。ようやく入れたと思ったら・・・

「共暮し」ムラタ芳理監督/3分48秒/2008年
グリム童話を原作に作成した、大学の卒業制作です。とある3匹のささやかで救われないお話。

「CELL DIVISION」やまはな ちな監督/2分17秒/2008年
金魚が増えていく夢のような話です。粘土の透過光撮影の実験で作りました。

「単眼オアシス」やまはな ちな監督/1分34秒/2008年
"見る"と言う行為に限定された人間たちはひたすら何かを見続けなければならない……

「ノイズマンガ 「受験勉強」」宙空一派/35秒/2010年
受験生のある日の出来事をノイジーに描いた7コマ漫画

「対話のフィルム」宙空一派/15分/2012年
対話を経て強くなろうとする男を追ったナルシスティックな映画

「Machina」坂上直/5分30秒/2010年
壊れた機械、それを直す錆びたロボット。

企画 佐藤美代
主にアニメーションを制作しています。上映会なども度々企画しています。 今回は、映像制作をしている知人に参加していただきました。集まった作品を観て、これほどそれぞれの趣向が違うのかと驚きました。


http://www.theatercafe.jp/schedule/screening/icalrepeat.detail/2012/09/16/398/-/chaika.html より



Tumblr 更新した http://chukuippa.tumblr.com/

【夢】何かの教室に居たら地震が起きた。揺れの最中、一人の先生が「うわ~大地震だぞ~」と言いながら僕の肩を揺すったので「ふざけないで下さい」と体を押し返した。すると、その先生の目つきが変わり「君にはこの学校から消えてもらう」と言った。僕はふてくされて学校から飛び出して走り回った。いつしか真夜中になって知らない駅へ向かっていた。道中、遮断機が降りている踏切を無理やり渡って通行人に怒鳴られたりした。その後、知らないアパートの前で黒猫を見つけた。その黒猫は普通に日本語を喋っていた。話し掛けるとフランクで良い奴だった。しばらく話した後(え!猫が喋ってる!)と我に返り、捕まえようと思った。猫はそれに勘付き、逃げ出したので追いかけた。逃げる猫の体はみるみる小さくなり、最後には手の平サイズにまでなっていた。小さくなるにつれスピードも落ちたので、捕まえることができた。たまたま持っていた竹筒にその猫を入れた。帰り道、竹筒を道路に落としてしまった。筒の蓋が取れて猫の顔が出てきた。血と体液にまみれた苦しみと怒りの表情、毛は逆立っている。もうじき死ぬのはすぐにわかった。申し訳ない気持ちになった。

『愛のむきだし』観た。ドカンドカンとしたパワフルな映画だった。主要キャラはみんな気が狂っているし、どうやって終わるのかハラハラした。4時間あったけどもう少し観たいくらいだった。
「ゲストとゲスト」というミュージシャンと芸人が対談する番組をまとめて観た。作っているものにはあまり興味ない人の話がとても面白かったりするのが不思議だった。人と人がぎこちない挨拶から距離を縮めていき直球を投げ合うようになる過程が良い。対談おもしろい。俺も対談したい!
ユリイカの大友良英特集号を読んだ。改めてサンプリングの人だなあと思った。杉本拓の文章がいちばん刺さった。
たまたま知った G-Schmitt という80年代のバンドがすごく良かった。仄暗い温かみ。どこから鳴ってるのかわからない感じ。
ミン&クリナメン 初めてちゃんと聴いた。泯比沙子は危なさがあってよかった。
ZAZEN BOYS「すとーりーず」聴いた。1曲目が一番かっこよかった。
久し振りに BUMP OF CHICKEN 聴いたらかなり気持ちよかった。中学生の頃の思い出と切り離せない音楽だ~。名探偵コナンみたいにそこだけで世界が閉じてるから良い。
Pink Floyd のファースト聴いてたら凄すぎてイライラしてきた。こんなハッピーで揺さぶられる音ない

①触りたいカルチャー多すぎて間に合わない!
②いろいろなカルチャーから少しずつ影響を受けて学びたいけど均されたくはないと思った。

ハッピーソングスもう少しで音は揃う



 

2012/09/17 未分類  

プロフィール

chukuippa

Author:chukuippa
宙空一派


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。