油絵のある暮らし 2014年05月の記事

5/24

これまでの自分の人生を振り返って、好きな音楽・影響を受けた音楽・よく聴いた音楽 を短い言葉で紹介します



Aunt Sally
突き抜ける声、パンクの向こう側

あぶらだこ
骨太な哲学と覚悟

阿部薫
膿みたいにえぐい感情が気の触れた音に乗る

Amon Duul
暗喩ではなく本当に部屋を暗くする呪詛

Yximalloo
盆栽が廊下を動き回る

いとうせいこう
強い文系のパッション

宇宙月経会
冷たく醒めた感覚が気高い、深奥は獣の愛

ウルトラ・ビデ
幼稚園の思想をハイテクノロジーに乗せる

X JAPAN
教団

大友良英
最低限の崇高さ

大貫妙子
遊園地にいるおとなしい少女

岡村靖幸
人間味が体からはみ出たスター

奥田民生
幸か不幸か子宝に恵まれてしまった

オシリペンペンズ
柔よく剛を制す戦隊もの

Velvet Underground
なまめかしい歌と体格のよい演奏

ガセネタ
一瞬の殺人のような光景

角谷美知夫
苦しみは追体験できない

Karen Dalton
干上がり枯れきったオアシス

CAN
ハイブリッド音楽の化石

G.I.S.M.
地獄の番人は笑顔がかわいい

木村カエラ
歌が武器になっている

Captain Beefheart
トラウト・マスク・レプリカ

The Kinky Pigeon
知的なヨーロッパの民

くどうなみお
頭痛の原因、AKIRAを感じる

雲の肯定
ストレートに盲目な美

K DUB SHINE
ずんぐりとした頭脳戦

GEISHA GIRLS
音楽の世界でも不思議な場所にいる

G-Schmitt
黒魔術

月光慰問客
ガチのヤバいやつ

The Gerogerigegege
美意識のなれのはて

GOING STEADY
強烈な青春が閉じ込められた卒業アルバム

54-71
鬼のような意思と美学

The Contortions
ウイスキーボトルの割れる音、踊り狂う人々

Sachiko M
しなやかで強固な芯

サディスティック・ミカ・バンド
瓶の花を挿し替えながら進むガレオン船

座右
棘のついた野花のような心意気

椎名林檎
今を生き自分を演じること

Che-SHIZU
頭から布団を被って聴いて清らかになる

静岡ロックンロール組合
青臭くも大切な気持ちを思い出させてくれる

静香
雅で黒い世界に粘り気がある

Syd Barrett
奇天烈・摩訶不思議・サイケデリック・生

じゃがたら
完結型の箱庭、遊園地の追体験

The Shaggs
脳みそを揺する妖精たち

ジャックス
どろっとした愛や愛でないもの

Jugz
サディスティックで露わな絹織物

JUKE/19
シンプルで土臭い愛着の力強さ

ジューシィ・フルーツ
天の上の華々しい世界

シュガー・ベイブ
朴訥とした花

ju sei
貴族みたいな思い切り

JUDY AND MARY
気狂いみたいな出き過ぎたバンド

Junko
アイスピックで何回も刺してくるので危ない

庄子勝治
大木を軽々となぎ倒す斧

白石民生
いきなり包丁を振り回す武士

Suicide
教わることの多い歌

スーパーボール
西の極北

杉本拓
架空の町の片隅に住む危ない思想家

Thelonious Monk
枯れ木のような音のするピアノ

相対性理論
近未来とピンク色の間の子

タージ・マハル旅行団
孤高のコミューン、時代が定まらない音

第五列
異形の文化遺産、死にきれぬアンダーグラウンド

高柳昌行
鉄の危ない意思

たま
そういう世界でしか生きられない人々

ダンディ坂野
アルバムをリリースして欲しかった

小さいテレーズ
腰砕けなのに勇ましくて尊い

チャットモンチー
ヘンテコな取り組みを行う

つついよしかず
ある老人の人生が鳴っている音楽

DJ OASIS
はつらつとして明朗な痛覚

DNA
尖ったユーモア

Tyrannosaurus Rex
電波のように空から聞こえる歌声

Derek Bailey
宇宙を鳴らしているギタリスト

電機姉
ほろほろと漂う美学が刺さる

電動プリン
乾いた砂漠のような音の鳴る時代

戸川純
甘えを許さず輝いてる歌

吐痙唾舐汰伽藍沙箱
意固地な田舎気質が生んだ桃源郷

とん平&ビショップ
ゴリ押しおじさんの強気のロック

NUMBER GIRL
勝気とセピア色

ニッポニア・ニッポン
そこにある切実なガラス片

THE NEWS
政治より愛の歌が似合う

NON baNd
楽園で踊りを許してもらう

灰野敬二
音を引き摺り下ろそうとする求道者

THE HIGH-LOWS
素直にもいろいろある

裸のラリーズ
「神秘的! 音が大きい」

葉っぱの裏側シスターズ
狡猾な朴訥さ

ハナタラシ
爆発に次ぐ爆発

BUMP OF CHICKEN
そこで世界が閉じてる系の代表格

Pascal Comelade
電池を入れても動かないブリキのロボット

Public Enemy
船の上の魚のように生き生きと跳ねる言葉

The Beatles
真っ当なツボを素早く突く

Pierre Bastien
廃墟になった町で機械が奏でる音楽

Faust
知的なマッドの美術

部落
得も言われぬ何かに裏打ちされた音

BLANKEY JET CITY
気高い獅子

President BPM
ヒップホップの間口、表現の気付き

ペトロールズ
確かな欲を手押しする車

変身キリン
モノクロでゼンマイ式の花やしき

Hot Troche
亜空間で暮らす天才の仕業

ほぶらきん
朗らかに突き抜けた子供たちの狂気

ポルノグラフティ
渚の青春白書

Mars
邪悪を地で行くバンド

Maher Shalal Hash Baz
文学と音楽史の愛おしい宗教

MAMUSHI
燃えたぎるヤシの木

Mr.Children
陶酔の牢獄、親しみやすさは無い

ミッシング箱庭
脳が開くパラレルワールド

みみでかちゅう
ぬちょっとした音楽の精霊

宮沢正一
邪悪な塊をなぶりつけてくる

ミン&クリナメン
とんでるパラダイスがぶっこわれる

村八分
日本の古典音楽

猛毒
悪徳業者のユーモア

モーニング娘。
パワー・ミュージック

森田童子
ガラスでできた迷路

泰子興業
異星人としか思えない

山田花子
その気持ちは共感できないからどうしようもない

夕食
音を出すことの意味が重いことを教わった

ゆらゆら帝国
紆余曲折あって最後には哀しい

Rhymester
火照る愛くるしい集団

Lum and Momo Club
当時の最先端な新興宗教の施設

Liaisons Dangereuses
狂信的な時代のムーブメントそれ自体

Led Zeppelin
俺にとっての洋楽

Red Krayola
金融業界を仕切る切れ者のよう

レミオロメン
鬱屈しかけた空々しいポップ

 

2014/05/24 未分類  

5/19

うるさめのフリーター

6秒以内にかかってこい!
インターネットの闇、教えてやるよ

生き産め

それはまるで肥溜めのような...


◆幻騒夜5
14/5/18 廿日市市鳴川
14:00~
・トリュウエイシ
・こはったん
・HYPER PHOWA
・-ある島のオト-

幻騒夜5、HYPER PHOWA の初ライブでした!

ライブ会場は砂浜で観客はほぼ海。僕はスタイロフォン、O君はDSのコルグと詞の朗読。ストイックな演奏ができたと思います。演奏中に手応えはあまりなかったのですが、ライブ録音を聴き返したら意外と良かったです。恥ずかしい青春の動画も2つ撮影しました。





あと、ゐ忌レさんのレーベル「夏ゴミ屋敷CD-R」より僕らのファーストがリリースされました。Yeah!
http://chukuippa.blog57.fc2.com/blog-entry-555.html

 

2014/05/19 未分類  

「ありがとう-感謝-」

HYPER PHOWA のファーストアルバム "ありがとう-感謝-" がゐ忌レさんのレーベル「夏ゴミ屋敷CD-R」 で CD-R 化されました。音源だけならBandcampにもあるのですが、このCD-Rには新井下黒瓜氏によるライナーや僕らのインタビューも載っているので、カタチとして手元にあっても楽しいはずです。2枚組で500円です。

写真 2014-05-17 16 04 26

 

2014/05/19 お知らせ