油絵のある暮らし 2013年10月の記事

10/26

輩ハウス ... 輩しか住んでいない


◆HARETOKE
13/10/19 22:00~ bar edge
・Ide-co
・sasaki(depth)
・DSP
・pongchang
・acchan
・miki-t
・taqano
・acchan
・tomhal
・宙空一派

BV6WA1wCQAAFVk8.jpg

HARETOKE 素敵なイベントでした。
クラブの巨大なスピーカーから聞くバキバキの音は下腹部にキた。
僕はクラリネットをオーバーに演奏しました。


「iPhoneが米だったら食べれたのに」
「何やら液晶パネルを指で撫でたり樹脂をカタカタ押して交流してるけど何かの勘違いかもしれない」
「いいから顔面ぐしゃぐしゃにして笑え!」
「カルチャーから足を洗ってやろうか!?」

武田鉄矢「(インターネット上では)言葉の使い方が呪いの言葉に変わりましたね」
呪いの言葉カッコイイ!

☆大人の地上波☆
トポrpジー
「ひ、ひ、人が死にまくっている!!」
「新しいジャブを考えました」
「西日本で最も邪悪な感嘆符の使い方。」
「あの頃に戻って死にたい...」

天国注射の朝について調べていた。
謙遜と卑屈と自己愛の臨界点に立ち、虚ろな空を眺めている。
回収されないように慎重に進みあぐねている。

最近の趣味は「昔のインターネット」っぽいもの。
実はそれは、Vaporwave とか Seapunk と呼ばれるものに近いのだった。

最近グっときたスレタイ「ゲームに課金要素加えた奴は死ね」
哀愁に満ちた怒りと退廃的な生活感があって最高だと思う。風情があるなあ

最近のラップ「ネオ東京」
https://soundcloud.com/colorgang/eemcvidwwdmg
※ライムも載せているので良かったら覗いてみて下さい

[作者コメント]荒野にカラリと響くアルトサックス。脳みその中での生活にも慣れてきた。周りの非日常には見慣れてしまって新鮮味はない。北海道では(そのころ)おつむの錆びついた人種が散歩をしていた。腹から演奏することは出鼻をくじかれる形で妨げられてしまった。思い切り声を出すことが増歪に繋がると言っていた。どうやら本人にとっては筋が通っているらしい。カルチャー疲れの若者が闇のカルチャーに手を出す。「ルックルックこんにちは」の垂れ目を見透かしてトカゲのしっぽを切り落とした。すべてギャグなのに。自尊心が全く無い人間の下手に飛び込むには?他人の人生も狂わせてしまう何かをやれと先代の方々から教わった。承前の恥じらいとはどんな言葉遣いだろう(https://soundcloud.com/colorgang/mioqylhkxlpz).結局、何か話をするときも話している対象以外への意識が研ぎ澄まされているためにあのような話し方・言葉遣いになる。学ぶことは多い。このニセ創作意欲をどうする。いつか音楽とか絵とかそういうカルチャーから足を洗って、毒薬の研究に着手したい。ロイササというめろうには放送コードがわかっていなかった。


【広告スペース】

◆幻騒夜4 DJ vs LIVE ACT
13/11/2 22:00~ Sea Cake Style
※出演順
・twin geeks
・のうたら
・DJ not equal (シロウト)
・トリュウエイシ
・DJ 光沙
・blik_
・DJ shintaku
・宙空一派
・CRZKNY
・DJ fumi

※僕はラップをします。


●ネットレーベル戦国時代!
https://chukuippa.bandcamp.com/
自主製作ヒップホップ音源『バイオミュージック有機サイダー霊園』のジャケはY下T郎さんです。


● "粘着活動家"宙空一派の各種データベースを作りました。

・ayumi
略歴/活動歴
http://chukuippa.blog57.fc2.com/blog-entry-494.html

・works[1]
霊界アー主宰「没後レコード」からリリースされた作品
※一部の作品はダウンロードできます。
http://chukuippa.blog57.fc2.com/blog-entry-487.html

・works[2]
没後レコード以外のレーベルからリリースされた作品
http://chukuippa.blog57.fc2.com/blog-entry-347.html

・event
今までに参加させてもらったイベント
http://chukuippa.blog57.fc2.com/blog-entry-394.html

 

2013/10/26 未分類  

「バイオミュージック有機サイダー霊園」

10/3

すぎもり・きょうこ●一九六四年二月一九日東京都台東区生。ライターおよび漫画原作者。『ポンキッキーズ』は徹夜明けに見ている


NEWS
●宙空一派の新作 "バイオミュージック有機サイダー霊園" を発表しました。
Free Download : ヒップホップ色の濃いアルバムです。霊的B-BOY感

●LIVEが2つあります。どちらもクラブイベント
13/10/19 HARETOKE @bar edge
13/11/2 幻騒夜4 DJ vs LIVE ACT @SEA CAKE Style

佐野史郎のポジティブな部分をかき集めて作ったサブレ

大抵の人間はヴィジュアルからどのような文化圏(コミューン)に所属しているかわかるようになっている。が、全くどこに分類するべきかわからない人種も存在する。

アガサさんと奥多摩へ。死と隣り合わせな冒険だった。また一つ成長した。

謙遜と卑屈と自己愛

ユニゾンの強度は旋律に対する各々の誠実さで決まる

渋谷7th FLOORのオールナイトイベント行ってきた。みみでかちゅう、のぺっとしつつ勝ち気に満ち溢れていてとてもかっこよかった。生涯ベスト級の素晴らしいライブだった。終演後、川鍋さんと少しお話しできて嬉しかった。

鳥居みゆき『夜にはずっと深い夜を』読んだ。らしい本と思った。読み返したらもう少し解るんだろうけど読み返す気にならなかった。

山崎春美『天國のをりものが』読み応えあった。音楽や文章を通してベールが少しずつ剥がれていく感覚。"ありく"と"ねむ"が出てくるやつが特に好き。

説明することができないおかしさ

オレはK DUB SHINE だけからラップを学んだ

初期佐久間一行の世界

大宙空一派「ターヘル・アナトミア」製作中です。どうやら2枚組になりそう。先日は4人(8圖,ゐ忌レ,霊界アー,西村さん)でスタジオに入った(O君は忙しくて来れなかった)。大所帯になってきた。無善寺つながりです。これからどうなるのだろう? 転がる・転がすバンドになれば良いなあと思う


隔離された精神

売れてる音楽家すごい

密偵とか呪縛とかそういった言葉は遊戯王カードで覚えた

メモ:Vaporwave,Seapunk

嗚呼、私も手前の生き易さのためにいくつかの小枝をポキポキと折ってしまった。何を好かれようとしているのだろう?何を良い人間になろうとしているのだろう?弱った弱った。最後には幹に手をかけて撫でて(最後の挨拶)斧を構えてザクッと勢いよく振り抜くのか。それはいけない!ただの産業機械と成り果ててしまう。成長か甘えか怠惰か知らないけれど守るものは守らないと。言っています。

隣の部屋から逆ナードな怪電子音が聞こえてくる。

UFOクラブで小さいテレーズ観た。鳥肌が立った。特に小指さんのドラム凄かった。

AKIRA読み返したらスゴかった。。

ちゃんとした昔のjpopを聴くとえもいわれぬ悲しさがこみあげてくる

創作意欲の高ぶりは健康的か否か
- 『青』という小説を執筆しています。どこかで形にしたい

僻地へ監禁されにいく
 

2013/10/03 未分類