油絵のある暮らし 2013年02月の記事

2/22

◆とろけたオブジェ
日時:平成25年2月22日 13:00~16:00
場所:広島大学 西第一福利会館 多目的ホール1
出演:宙空一派



 

2013/02/22 未分類  

2/20

- 消されてしまったアイドル -


「○○したことある」より「○○したときある」と言った方がガチャガチャしていて楽しい

波形を見て一発でわかる気違い

NTTのおじさんの電話が丁寧過ぎて感動した

メジャーどころのヒップホップばかり聴く。スチャダラパーは今のところ素のヒップホップという感じ。KICK THE CAN CREWはただかっこいい。マルシェという曲だけ30回ぐらい聴いた。ヒップホップ要素を取り入れた歌みたいなのはしっくりこなかった。Rhyemesterも好き。詩の人間味とか生活感が強くて好き。いろいろ聴いているとMummy Dの「何か腹にもやもやを抱えている感じ」に気付いてはっとした。KUFUという曲が好き。

寒さの峠を越えた感じがある。ちょうど、あのセミが最後に鳴いたセミだという感じに似てる。

Christian Marclay "Djtrio" 楽しい音が多かった。1回聴けば満足

Jim O'Rourke "The Visitor" 何も感じなかった

Ju Sei "大群遊泳" 体がじゅわっとした。

Date Course Pentagon Royal Garden "Alter War In Tokyo" 「何かに裏打ちされた音楽」感が濃い。単純に変だから聴いてて面白いけど学がある人は別の意味で聴き甲斐があるんだろう。

って体の外側から触って動かすことの出来る臓器

---お知らせ---

「とろけたオブジェ」というイベントを企画しました。宙空一派の単独公演です。
会場の西第一福利会館多目的ホール1は、以前に催したイベント「非公開リサイタル」と同じ会場です。無機質で広々としていて良い場所です。

◆とろけたオブジェ
日時:平成25年2月22日 13:00~16:00
場所:広島大学 西第一福利会館 多目的ホール1
出演:宙空一派
KC30125.JPG
 

2013/02/20 未分類  

2/13

PA0_0104.jpg

Today’s dinner is a komatsuna supagettexi.
It tastes wonderful.

 

2013/02/13 未分類  

2/4

あの事件を思い出します。
事故、自殺というにはあまりにも不自然な彼女の死。


【夢】原付を運転していたら体だけ宙に浮き始め、空高くまで上がった。宙に浮いていても進行方向は原付と連動していた。自分の原付をはるか下に見ながらの運転は難しく、誤って車にぶつかったり、通行人を轢いたりしてしまった。



屋台が似合うオッサンかっこいい

「殺すぞ」より「死なすぞ」の方がこわい

小学校にいた仲良し系の子、いつ尋ねてもその日の給食の献立を完璧に教えてくれた

最後の晩餐/なげやり倶楽部/ギルガメッシュLIGHT/ざっくりハイタッチ/東西芸人/5時に夢中!サタデー

しきりに・いきなし(いきなり

最近はヒップホップばかり聴いてる。おれもヒップホップやる!

「ハ?」と思ったけれど俺も同じだった

知性を欠いた言葉遣い

わかりやすい単語しか使ってないのに何を話してるか全然わからない感じ憧れる

Led Zeppelin "Coda" かっこいい。最後の曲がすごく熱くていい

坂本慎太郎 "まともがわからない" 淡い感じ。音の個数の不思議を学習した。

Add N To (X) "Avant Hard" 割り切ったサーカス団みたい

James Chance & The Contortions "Soul Exorcism" ベースがゴリゴリしててかっこいい。最初の1曲が終わるともう疲れてしまう

滲有無 "悲翼紀" 生々しいエフェクターを踏む音が幻想的な音を作っているのかと思わせるスタジオ感めっちゃある。剥がしてやろう感あった。

Bob Dylan "Blood on the Tracks" 今までボブ・ディランの意味がよくわからなかったけれど、ちゃんと聴いたらめちゃくちゃ良かった。4曲目のIdiot Wind に感動した。曲を聴いて感動するの久しぶり

Aunt Sally "Live 1978-1979" 文句あるか!という感じの有無を言わさないかっこよさ。こういう力を持ってる音楽というかバンドは一体何なんだ。どうすればいい

 

2013/02/05 未分類