油絵のある暮らし 2011年03月の記事

4/4

メキシコには曾祖母のお墓があります。私は記憶が無いほど幼い頃に両親に連れられ行きました。まだ飛行機も高い時代です。船で何日も掛けて行きました。今でもバスに乗る前には必ず酔い止めを飲む私が当時船酔いしない訳もなく来る日も来る日も海を睨み付けてはトイレへ駆け込んでいました。余裕がある時は上まで上がって海に向かって吐きました。この方がいろんな意味でスッキリするんです。目には目をというか仕返しをしてやった気分になります。ただ海が仕返しを受けた事を理解しているのかはわかりません。今のはぶりっ子です。海に感情が無い事は私にもわかります。わかりますがそれを納得してしまうと私の反撃が意味を無くしてしまいます。船酔いと居心地良く暮らせなくなくなってしまいます。
 

2011/03/31 未分類  

4/3

伸ひ"をすると目にピカッと閃光か"走りクラクラきてハ"タッと倒れてしまった。血か"足りないようて"頭か"白くほ"んやりしていた。と"うにか立ち上か"るとそこには当たり前の日常か"寝そへ"っていた(乗らない気分の日ほと"空は残酷に澄み切っている)。たちまち家を飛ひ"出して川岸に向かった。緑色の水か"息絶えた河童を浸してノスタルシ"ックに見えた。夏休みの絵日記の最後の1ペーシ"を書き終えて家族か"カレーライスて"待つ居間へ走っていった。
 

2011/03/31 未分類  

4/2

・喉が渇いたからコーヒーを淹れたけど絶対に飲まない

・じっちゃんの名にかけてこの事件を迷宮に入れてみせる!

・「あなた大人のくせにトマトも食べられないのね、ギャーー!!にんじん~!!」

・現音料理本のクセナキス焼き飯をレシピ通り作ったのにラモンテヤングの味がする

・私も考えた!茶番ギャルド

・場馴れしてないので世界が浮わついて見える

床に置いてあったシンバルの上にボールペンを落としてしまったとき自分で叩くよりも綺麗な音が鳴ったりする。パソコンが急に重たくなり流していた曲が飛び飛びになって自分では到底作れないようなリズムが生まれたりする。
悲しくも楽しくて愉しくも哀しい真理


 

2011/03/31 未分類  

4/1

順序関係
 

2011/03/28 未分類  

3/31

目が覚めて何かクラクラすると思ったら部屋の畳一面にギッシリと危ない系のキノコが生えていた。手が勝手にキノコに伸びて、口が勝手に手に向かって、歯が勝手にキノコに向かって、舌が勝手にキノコを載せて、キノコが勝手に喉に向かって、食道が勝手にキノコを迎えて、…、気付いたら牢屋の中に居た
 

2011/03/28 未分類